JALの国際線の航空券を購入してパリへ行ってみよう

05pham03

海外旅行に行くのであれば思い切ってヨーロッパに行ってみてはどうでしょうか?特に日程に余裕がある人はぜひヨーロッパ入りを計画してほしいところです。ヨーロッパへの移動はできれば安く済ませたいといった人が多いことでしょう。JALでは国際線についても取り扱いを行っており、安い航空券を販売していることもあります。JALであれば日本語も通じますし、安心感があるといった人も多いことでしょう。

安い航空券があるならそれこそJALで移動したいといった人も多いかと思います。
沢山ある航空券予約サイトの中でも、JALの航空券の最安値はスカイチケットが販売しています。
国際線(フランス行きを含む)についてもたびたび安い航空券を提供しています。2016年秋には成田空港発着の最安値のもので65000円程度(別途費用あり)からの販売となっています。ヨーロッパは高いと謙遜しがちの人も秋を狙って旅行するのもよいでしょう。秋は比較的航空券も安価です。連休とあわせて有給を取得すれば安い費用で移動できるかもしれません。

パリで是非行っておきたいスポットの1つが「シャンゼリゼ大通り」です。みなさんも名前はご存知のことでしょう。シャンゼリゼ大通りはどういう風ないきさつで今のような通りに変化したのか?そちらについても気になるところです。

フランスは古くから栄えている地ですが、16世紀頃にはシャンゼリゼ大通りも野原と沼地だったといいます。その後17世紀中旬に整備が進められ、「エリゼの野」として開拓されました。エリゼの野というのは楽園を意味しており、ギリシャの話に出てくるものです。その後歴史でもおなじみのナポレオンが登場します。ナポレオン3世の時代からはエレガントな通りに変化していきます。世界各国の人たちがここを訪れたいと思うあこがれのスポットに変化していくのです。

カフェも多く点在しており、パリ在住者も多く見られます。休日はカフェでのんびり過ごすのもパリ流です。現在はパリ随一と言われるブランド街に変化しました。昼はもちろん夜も多くの人が集まるスポットです。ここの通りにはおしゃれなカフェが多数あります。ここでお茶をしてフランスの風にあたるのもよいでしょう。フランスは散策もピッタリな場所です。散策してちょっと休憩したくなったからカフェに立ち寄るなんていうのも良いかと思います。

自転車の貸し出しをしているところもあるので、そちらもチェックしてみるといいでしょう。パリの通りを自転車で軽快に歩くのもまたいいものです。
JAL航空の旅ではマイレージもたまります。パリまでとなると結構なマイレージ数なので、マイレージ登録もお忘れなく。

見所が多いパリ

パリは見所が多く1度は行ってみたいといった人も多いことでしょう。可能であればぜひ行きたい地です。ヨーロッパ行きとなると時間もかかるので、ある程度まとまった休みがないと難しいものです。最低でも1週間はほしいところです。連休と有給をあわせて旅行が実現できるといいですね。
飛行機についても国際線の航空券を探してみると良いでしょう。JALについても安い航空券が出ていることがあります。JALは私たち日本人にとって親しみがある航空会社であり、安心して利用できるといった人も多いのではないでしょうか。

JALの利用ですが秋はセールチケットが出ていることがあります。秋はちょうど連休も多いので、連休とあわせてその前後で休暇をとってちょっと遠出を計画してみるのもおすすめです。JALの国際線はヨーロッパ方面にも多数のフライトがあります。
ヨーロッパの中でも人気なのがパリです。パリは美術館好きにはたまらないスポットでもあります。ルーヴル美術館をはじめ多数の美術館があり、1日ではとてもまわりきれないほどです。できれば1ヶ月くらいゆっくり滞在したいといった人もいることでしょう。

ここは絶対に外せないスポットといえばそれこそ「ルーヴル美術館」です。みなさんもご存知かと思います。
ここの美術館は非常に広く、有名どころだとミロのヴィーナスやモナ・リザなどがあります。その他30万点に及ぶ美術品があり、ゆっくり見学したいスポットです。
美術館の中は7部門に分かれており、古代ギリシャ美術はもちろん、絵画、彫刻などがあります。中庭についてもぜひ行ってみましょう。ここにはガラスのピラミッドがあり、3つの展示室に分かれています。展示室はシュリー、ドノン、リシュリューです。日本の美術館とは比べ物にならないレベルの広さなので見たいところから見るのが1番です。効率性も考えてみるといいでしょう。

また「オルセー美術館」もおすすめです。オルセー美術館は印象派といわれるモネやルノワール、セザンヌなどを中心に作品展示がなされています。モネの水彩ベースの絵は日本でも多くのファンがいます。これらの作品は19年後半に作成されたものが多いです。ここは駅のような印象を受けることでしょう。それもそのはず、もともと終着駅だった場所です。建物がそのまま残っており、美術館に改造されました。また2011年には大規模改装工事も完了し、またあらたな形で生まれ変わっています。
ここは作品を自然な形で堪能できるよう光についても工夫がこらされています。自然光と呼ばれるもので絵の中に吸い込まれそうな印象を受けることでしょう。

パリは人気のスポット

国際線の利用にあたりできればJALがいいといった人もいることでしょう。JALは日系の航空会社であり、海外旅行の際も安心して利用できるといった声も多く聞かれます。ヨーロッパについても各地に就航しているので、利用を検討してみるといいでしょう。

ヨーロッパで人気の高いパリにもフライトがあります。JALではセールをしていることがあり、セール時はチケットが大変お得です。日本では繁忙期以外格安航空券が主流です。他国と比較しても航空運賃は非常に安価に設定されています。ヨーロッパへの旅も全て含めて10万円程度でいける場合も少なくありません。アジアでも5万円前後はかかるので10万円以内であれば思い切ってヨーロッパに行くのも良いでしょう。

アジアも人気が高く、また時差もそんなにないことから移動も楽です。しかしヨーロッパはスケールも異なり、また行きたいと思う素晴らしさがあります。
ヨーロッパでまず行きたい場所はパリだという人も多いことでしょう。パリはテレビでもたびたび取り上げられており、人気の高い旅行地です。パリでぜひ見ておきたいのが「ノートルダム大聖堂」です。ノートルダム大聖堂はフランスの中世の文化の象徴でもあります。建物はゴシック様式が用いられており、みごとな建物の一言に尽きます。

フランスはヨーロッパ各地の中でも特に「ゴージャス感」がある建物が多いのも特徴です。ステンドグラスや彫刻
などとても美しく、ため息が出るほど綺麗です。ところでみなさんはノートルダムの意味をご存知でしょうか?ノートルダムは聖母マリアという意味があります。聖母マリアを祭っているところが場内のいたるところに見受けられます。塔からの眺めもまた素晴らしく感激すること間違いなしです。

ここの建物の特徴はどこの角度から見ても素晴らしいシルエットです。見事なシルエットに感激することでしょう。写真についてもぜひ撮りたいスポットです。
いつ頃建築されたのか?というと19世紀後半のことです。この当時都市計画が実施されました。ナポレオン3世によって建築されたわけですが、当時は社交場としても利用されており、社交場の雰囲気もそのまま残っています。

またバレエなどの演目もなれており、世界各国から多くの人が訪れる場所です。
チケットについては事前予約がおすすめです。通常期でも売り切れのときがけっこうあります。チケットについても随時チェックしてみるといいでしょう。

ヨーロッパならまずはパリへ

ヨーロッパに憧れている人は多いことでしょう。テレビで見ているだけでも建物や街並みがとても綺麗で感動するといった人もいることでしょう。ヨーロッパは歴史が古く、王の象徴としてお城などの建築も多く見られた地です。建物は現在も残っているところが多く、中にはお城をホテルに改造して宿泊できるようにしている場所もあります。フランスのロワールという地区はお城が多い地区でもあります。

できればJALの国際線を利用してヨーロッパ旅行をしたいといった人も見られます。そうした声はシニア世代に多く聞かれます。海外旅行という緊張感や言葉の不安からJALの利用が安心感があるという気持ちはよくわかります。実際に日本語でやりとりできると会話もスムーズです。
航空券についてはJAL も安いものが出ています。航空券についても可能であれば安いチケットがほしいところです。

パリでぜひ訪れたいスポットの1つが「パレ・ガルニエ」です。パレ・ガルニエは19世紀後半にナポレオン3世によって建設されました。現在のパリもナポレオン3世の功績ですばらしいものが多数あります。

19世紀後半にパリは大規模な都市改造が実施されました。この建物もそのときのものです。当時社交場であり、造りもみごとなものがあります。大理石の階段をはじめ円形ホール、また上を見上げるとシャガールの天井画があります。
雰囲気は当時の貴族を意識したままでとてもエレガントです。現在はバレエの講演が中心となっており、世界各国のファンが訪れるスポットでもあります。

「マドレーヌ教会」についても行ってみたいスポットです。ここを訪れるとまるで古代ギリシャのような感覚となります。ここはギリシャ神殿を連想させる新古典主義と呼ばれる建物です。この中に入ると「キリストの洗礼」と呼ばれる大理石があります。キリストの洗礼はリュードによって作られました。
また周囲にはパレ・ガルニエやコンコルド広場などがあります。フォーブール・サントノレ通りもこの周辺となります。

マドレーヌ広場周辺には食料品が数多くあり、高級店舗が多い場所でもあります。広場から1本奥にあるヴィニョン通りには小規模な専門店も数多く並んでいます。
マドレーヌ教会に来ると神秘的な気分になるといった人も多いことでしょう。なんとも不思議な雰囲気がある場所です。ヨーロッパ各地には多数の教会があり、タイミングによっては結婚式が行われています。パリの街中で花嫁に遭遇できることもあります。日本とは違った雰囲気でこれまた情緒があります。

憧れのパリ

パリの雰囲気を実際に味わいたいといった人も多いことでしょう。パリは街並みがとても綺麗で、セーヌ川をはじめ見所が多数あります。パリに憧れて移住したという人も実在します。この機会にパリ行きを計画してみてはどうでしょうか。
パリ行きならjalの利用もおすすめです。国際線でもJALの路線は充実しており、日本人の心のよりどころとも言える存在です。国際線利用にあたり海外の航空会社は不安といった人もいることでしょう。そうした人もjal利用で航空券が販売されていないか?調べてみるといいでしょう。
Jal利用ですが、安価な航空券が出ていることもあります。そんなときはまさしくチャンスです。

パリについてはパリ市内を中心にめぐるのもおすすめです。パリの川といえば「セーヌ川」です。セーヌ川はパリを横切った形で存在している川であり、船についても楽しむことができます。パリは大きい街をイメージしている人も多いようですが、東京と比較するととても小規模な街です。メトロの利用が中心となりますが、1時間程度で移動が可能です。

パリは区の体制がとられており1区、2区、3区などといった具合の都市計画となっています。時計回りで区が存在しており、地図でもわかりやすいことでしょう。区の数字が多いとその分遠い場所となります。土地の価格や物価についても区の数が少ないほど高めの設置となります。
パリではぜひメトロを使って移動したいところです。パリは東京よりも物価が高く、サンドイッチを購入する(テイクアウト)でも1つ400円ほどはかかります。交通費についても馬鹿になりませんが、メトロ利用だとそこまで高くないので負担も大きくありません。

パリの治安についても気になる人も多いことでしょう。パリはたびたびニュースでも取り上げられており、ヨーロッパ各地の中でも注目度が高い都市です。残念ながらパリの治安はあまりいいとは言えず、ヨーロッパ各地の中でも問題も多々あります。

どういったことが問題視されているのか?というと「ひったくり」などの軽犯罪です。狙いはもちろん金銭を持ち歩いている観光客です。観光客は道にもなれておらず、ガイドブックに集中している人も多く見られます。旅行者としては当然の行動ですが、これが泥棒たちにとって絶好のターゲットとなるわけです。
バッグなどには十分気をつけて行動したいところです。特にショルダーバッグは自分の手前で持つようにしましょう。こうしたことを気をつけていると、泥棒も「このターゲットは狙いにくい」と感じます。