JALの国際線の航空券を購入してパリへ行ってみよう

05pham03

海外旅行に行くのであれば思い切ってヨーロッパに行ってみてはどうでしょうか?特に日程に余裕がある人はぜひヨーロッパ入りを計画してほしいところです。ヨーロッパへの移動はできれば安く済ませたいといった人が多いことでしょう。JALでは国際線についても取り扱いを行っており、安い航空券を販売していることもあります。JALであれば日本語も通じますし、安心感があるといった人も多いことでしょう。

安い航空券があるならそれこそJALで移動したいといった人も多いかと思います。
沢山ある航空券予約サイトの中でも、JALの航空券の最安値はスカイチケットが販売しています。
国際線(フランス行きを含む)についてもたびたび安い航空券を提供しています。2016年秋には成田空港発着の最安値のもので65000円程度(別途費用あり)からの販売となっています。ヨーロッパは高いと謙遜しがちの人も秋を狙って旅行するのもよいでしょう。秋は比較的航空券も安価です。連休とあわせて有給を取得すれば安い費用で移動できるかもしれません。

パリで是非行っておきたいスポットの1つが「シャンゼリゼ大通り」です。みなさんも名前はご存知のことでしょう。シャンゼリゼ大通りはどういう風ないきさつで今のような通りに変化したのか?そちらについても気になるところです。

フランスは古くから栄えている地ですが、16世紀頃にはシャンゼリゼ大通りも野原と沼地だったといいます。その後17世紀中旬に整備が進められ、「エリゼの野」として開拓されました。エリゼの野というのは楽園を意味しており、ギリシャの話に出てくるものです。その後歴史でもおなじみのナポレオンが登場します。ナポレオン3世の時代からはエレガントな通りに変化していきます。世界各国の人たちがここを訪れたいと思うあこがれのスポットに変化していくのです。

カフェも多く点在しており、パリ在住者も多く見られます。休日はカフェでのんびり過ごすのもパリ流です。現在はパリ随一と言われるブランド街に変化しました。昼はもちろん夜も多くの人が集まるスポットです。ここの通りにはおしゃれなカフェが多数あります。ここでお茶をしてフランスの風にあたるのもよいでしょう。フランスは散策もピッタリな場所です。散策してちょっと休憩したくなったからカフェに立ち寄るなんていうのも良いかと思います。

自転車の貸し出しをしているところもあるので、そちらもチェックしてみるといいでしょう。パリの通りを自転車で軽快に歩くのもまたいいものです。
JAL航空の旅ではマイレージもたまります。パリまでとなると結構なマイレージ数なので、マイレージ登録もお忘れなく。